環境

《中高生から見るSDGs》SDGs13番「気候変動に具体的な対策を」

気候変動のホント

気候変動と聞いて何を思い浮かべますか?地球温暖化による北極、南極の氷が溶けている光景ですか?それとも、溶けたことによる海面上昇ですか?はたまた、砂漠化ですか?それとも猛暑やゲリラ豪雨に代表される異常気象ですか?みなさんがどれを思い浮かべているかはわかりません。しかし、一つ言えることは上であげた言葉はみなさんが聞いたことのある言葉です。

さて、ここで気候変動の知識をおさらいしてみましょう。

気候変動とは

気候変動とは、数十年間という期間における大気の平均状態となる気候が移り変わることを意味する言葉です。

地球上で起こる様々な大気現象は太陽から受け取ったエネルギーを源として発生します。地球が太陽から受け取ったエネルギ-は、大気圏だけではなく、様々な形態を取りながら、海洋・陸地・雪氷・生物圏の間で相互にやりとりされ、最終的に、赤外放射として宇宙空間に戻され、ほぼ安定した地球のエネルギ-収支が維持されています。こうしたエネルギーの流れに関与する地球全体のシステムは気候系と呼ばれますが、この気候系のなかにある大気の状態を気候と言います。

平均期間より長い時間で見ると、気候は必ずしも定常的なものではなく、様々な変動や変化を遂げています。

気候変動は、気候に関わる地球全体のシステムの結果として生じているものなので、すぐに変動を止めることはできません。変化の結果として、大きな台風が起こったり、大雨が降ったり、大規模な干ばつがおきたりします。このように気候が変動する要因としては、自然の要因と人為的な要因があります

自然の要因は人類が存在しなくても作用します。SDGsは人類の目標なので今回は人為的な要因に着目します。人為的な要因には人間が排出する二酸化炭素などの温室効果ガスの増加や大気中の微粒子の増加、森林破壊などがあります。

地球温暖間について国際的な専門家が集まった政府間機構「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」は、20世紀半ば以降に観測された世界平均気温の上昇のほとんどは、人為起源の温室効果ガス濃度の増加によってもたらされた可能性が非常に高いことを発表しています。

その結果、多くの自然システムが地域的な気候の変動、特に気温上昇の影響を受けつつあることを示しています。温室効果ガスや大気中の微粒子の量や性質が変わると、気候システムは温暖化したり寒冷化したります。運輸、建物の冷暖房、鉄・セメント等の製造における化石燃料の使用により、人間排出する温室効果ガスとして最も代表的な二酸化炭素は増加しました。

同時に、森林破壊により植物が酸化炭素を吸収する量も減少しています。

これらのことから、人間の生活、経済活動により気候変動へとつながっているのです。

まとめ

この記事を読んだ皆様に新しい価値観を提供したい。その思いで、他とは違うことを書きます。

まず、気候変動は着実に改善されています。例えば、オゾン層破壊物質や有鉛ガソリンと言う物質はここ20年でほぼ完全に廃止できましたし、先進国の排出量もほとんどの国が着実に減少させています。

しかし、それでも二酸化炭素を排出しているのは ほとんどが先進国です。

西洋では「地球温暖化を引き起こしているのはインドや中国やそのほかの所得レベルの上がっている国だ。その国の人たちはがまんして貧しい暮らしを続けるべきだ。」と言う考え方があたりまえです。

しかし、人間によって大気に蓄積されてきた大部分の二酸化炭素は先進国がこの50年間に放出して来たものです。カナダのひとりあたり二酸化炭素排出量は今でも中国の2倍、インドの8倍にのぼります。世界の金持ちランキングの一番上の10億人が二酸化炭素排出の50%以上を、次の10億人がその半分を、次の10億人がまたその半分を、、、一番貧しい人は全体のたった1%です。

これを聞くと我々がいかに責任転嫁しているのかがわかると思います。

過去の我々が排出した二酸化炭素はすごい量です。しかし、気候変動は着実に改善されています

過度に心配しすぎずに正しい認識を持ち、現状にあった対処をすることが重要です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA